lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
トップページDATACHARACTERS>トリアン・ソラン
ソラン博士
ソラン博士

トリアン・ソラン

【略歴】

 トリアン・ソラン(Tolian Soran)。エル・オーリアンの科学者、犯罪者。クリンゴン帝国の元名門デュラス姉妹と結託して、アマゴサ恒星を破壊した。ダイリチウムの副産物であるトライリチウムの兵器化に成功した人物でもある。

ネクサスとの接触トライリチウムべリディアンIIIでの攻防編者補足


【ネクサスとの接触】

 ボーグの侵攻を受けエル・オーリアンは散り散りになったが、ソランもまたそうした難民の一人だった。2293年、ソランは輸送船のラクール号に乗っていたが、同船はネクサスと呼ばれるエネルギーリボンに捕らえられ大破し沈没の危機に瀕していた。
 しかし、ラクールの乗客たちはそのような危機の最中、この上ない幸福な感情に支配されていた(この中には後にエンタープライズDに乗り込むガイナンもいた)。ソランはネクサスで時が存在しない永遠の世界を体感したのである。

 しかし、ラクールの乗客たちは救助に駆けつけたエンタープライズBによって救出され、ソランもまたネクサスから引き離された。なお、この救出劇で伝説的艦長であるジェイムズ・T・カークが殉職したことは有名である。
 救助されたソランはエンタープライズBのクルーに自分をラクールに戻すように詰め寄り彼らを困惑させた。その後の彼の行動に関しては詳らかではないが、ネクサスへ戻る方法を模索していたと考えられる。

ネクサスとの接触トライリチウムべリディアンIIIでの攻防編者補足


【トライリチウム】

 ソランは80年に及ぶ研究を続けたが、ネクサスには船で近づくことはできないという事実を覆すことは敵わなかった。だが、彼はそれで諦めることはなく、別の方法を模索し続けた。そして、ひとつの結論に到達する。

“自分から近づけなければネクサスをこちらに引き寄せればいい”

 彼は自身の途方も無い考えを実行するためにある物質を研究した。それがダイリチウム摩耗の際に出る副産物のトライリチウムである。
 ソランは研究でトライリチウムには核融合を抑制する働きがあることを発見し、これを兵器化すれば恒星をも破壊できると考えた。すなわち、ネクサスを引き寄せる方法とは恒星のような重い天体を破壊し、重力変動を起こすことでネクサスの軌道を変えることであった。
 しかし、彼一人の力では宇宙を駆けまわって適当な星を破壊して回ることは不可能だった。そこで、彼は宇宙船を持つデュラス姉妹に、トライリチウム兵器技術の提供を見返りに協力させた。

 やがて2371年、アマゴサ星系の観測ステーションに潜り込んだソランはトライリチウムミサイルをアマゴサ恒星に打ち込み爆破。アマゴサ星系は惑星を含め壊滅したが、これは恐るべき計画の第一歩に過ぎなかった。

ネクサスとの接触トライリチウムべリディアンIIIでの攻防編者補足


【べリディアンIIIでの攻防】

 アマゴサ恒星の破壊には成功したものの、トライリチウムはロミュランから強奪したものだったため、観測ステーションでロミュランの襲撃にあいエンタープライズDの救援で命拾いをするという誤算が生じた。
 これによってソランの意図を知ったエンタープライズ号艦長のジャン=リュック・ピカード大佐は彼の計画実行の阻止に乗り出すことになった。第二の破壊目標でありネクサスとの接触予定地でもあるべリディアン星系の第三惑星で相対した両者だったが、ソランはピカードの説得に応じることなくべリディアン恒星の破壊を強行。二億三千万の人口を持つ第四惑星ともどもベリディアン星系は壊滅した。ソランは恒星の爆発の衝撃波に巻き込まれる直前にネクサスとの接触に成功し、永遠の世界に再び入っている。

 しかし、同じくネクサスに取り込まれたピカードは強靭な意志でネクサスの誘惑を振り切り、ある協力者と共にネクサスを脱出。ネクサスの中では時間が自由に操れることを利用してソランがトライリチウムミサイルをベリディアン恒星に打ち込む直前に戻り、協力者と共にミサイル発射を阻止。ソランはミサイルの自爆に巻き込まれ死亡した。また、ピカードの協力者もソランの攻撃によって死亡したが、引き換えに二億三千万の第四惑星の住人の命を救った。
 ソランの残した危険なトライリチウム兵器化技術も、デュラス姉妹がエンタープライズ号の活躍によって倒されたため、消滅している。

ネクサスとの接触トライリチウムべリディアンIIIでの攻防編者補足


【編者補足】

 映画『ジェネレーションズ』で登場したキャラクターです。彼は数多く登場したシリーズの悪役の中で、ソランは依存症のキャラクターと評価されており、それが個性となっています。
 自分の幸せのために恒星を二個も破壊する彼の行動は許され難いものではありますが、ネクサスは非常に魅力的で彼がそこへ戻るために非道な行動に出てしまうのも全面的ではないにしろうなずける気がします。なんといってもネクサスはセーブもリセットも自由自在に出来るゲームのような人生を永遠に送れるわけですから…
 演じるマルコム・マクダウェルもマッドサイエンティスト、ソランを完璧に演じきっており、キャラクターの魅力を十二分に引き出しています。

ソランを演じた俳優

マルコム・マクダウェル(Malcolm McDowell) (1943~)

【主な出演作品】

  • 『時計じかけのオレンジ』(1971)
  • 『カリギュラ』(1979)
  • 『アイ・スパイ』(2002)
  • 『ザ・メンタリスト』ブレット・スティルス役

日本語吹き替え:牛山茂

ネクサスとの接触トライリチウムべリディアンIIIでの攻防編者補足


50音索引に戻るアルファベット索引に戻る種族別索引に戻る登場作品別索引に戻る

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars