lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
トップページDATACHARACTERS>キラ・ネリス
画像 準備中
出身 ベイジョー
職業 ベイジョー国民軍士官
最終階級 大佐
受勲
功績等
サークルによるクーデターの阻止等
主な履歴 ディープ・スペース9副司令官
※最終階級は劇中で確認できるもの

キラ・ネリス

【略歴】

 キラ・ネリス(Kira Nerys)。2343~。
 2343年、カーデシア連合占領下のベイジョーで生まれる。12歳でレジスタンスに参加(DS9』21-23話「帰ってきた英雄(パート1-3)(The homecoming /The Circle /TheSiege)」)し、以降、2369年にカーデシア連合が撤退するまでレジスタンスの戦士として戦ってきた。

 惑星連邦のディープ・スペース9(以下DS9)進駐に際し、ベイジョー国民軍少佐として副司令官兼連絡将校としてDS9に配属された。この時、DS9司令官ベンジャミン・シスコに出会っている。以後、彼のもとで2375年まで同職を全うした。その後はDS9司令官に就任したようである(DS9』175,176話「終わりなきはじまり(What You Leave Behind)」)。

レジスタンス時代DS9副司令官編者補足ページ上部へ


【レジスタンス時代】

 キラは12歳の時シャカール・エドン(後のベイジョー首相)のレジスタンス組織に参加していた。彼女はそこで数々の戦闘を経験し、ゲリラ戦のスペシャリストとして成長していった。この時の経験は後にベイジョーで起こったクーデターにおける彼女の活躍にも生かされた(DS9』21-23話「帰ってきた英雄(パート1-3)(The homecoming /The Circle /TheSiege)」)。
 レジスタンスに在籍中、ベイジョー軌道上に存在するカーデシアの採掘基地テロック・ノール(後のDS9)に潜入し、娼婦を装って諜報・破壊活動に従事していたが、この時ある事件がきっかけで、テロック・ノールの保安士官で、後にDS9保安チーフとなるオドーと出会っている。

レジスタンス時代DS9副司令官編者補足ページ上部へ


【DS9副司令官】

 2369年、ベイジョー解放によりレジスタンス組織を中心にベイジョーの戦力は国民軍として再編され、キラ・ネリスは少佐としてDS9に派遣された。
 カーデシア嫌いの急先鋒で激昂しやすい彼女は、当初はベンジャミン・シスコ司令官にとっては頭痛の種になることも多かった。しかし、勤務実績を重ねるにつれ、彼女はシスコの頼もしい片腕となり、良き友人となった。

 キラの副司令官の日常は多忙で、強欲な商売人であるフェレンギ人のクワークが引き起こす騒動や、折り合いの悪いベイジョー宗教界のトップカイ・ウィンとの折衝などの問題解決の他に、事故で母胎となるに耐えられない体になった技術チーフ、マイルズ・オブライエンの妻、ケイコ・オブライエンの子を移植され、しばらくの間、身重の状態で任務につくということもあった(DS9』97話「クワーク、絶体絶命(Body Parts)」)。

レジスタンス時代DS9副司令官編者補足ページ上部へ


【編者補足】

 キラ・ネリスはシリーズの中でも代表的なベイジョー人といえる人物です。ただ、主人公の補佐役としては少々感情的すぎて、これまでのシリーズのスポックやライカーのような名補佐役と比べると一段劣るかもしれません。

キラを演じた俳優

ナナ・ヴィジター(Nana Visitor) (1957~)

日本語吹き替え:小宮和枝

レジスタンス時代DS9副司令官編者補足ページ上部へ


50音索引に戻るアルファベット索引に戻る種族別索引に戻る登場作品別索引に戻る

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars