lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
トップページDATASTAR SHIP連邦宇宙艦>エクセルシオール級

エクセルシオール級

エクセルシオール級 Excelsior-Class
角丸 image 艦の概要
image

エクセルシオール級

運用期間: 2285年~
全長: 467m
全幅: ---m
重量: ---t
巡航速度(*): ---
最大速度(*): ---
武装: 連装フェイザー砲座
単装フェイザー砲座
光子魚雷ランチャー
同級艦: エクセルシオールNCC-2000
メルボルンNCC-62043
ベルリンNCC-14232

-----改良型-----
エンタープライズNCC-1701-B
ラコタNCC-42768

*23世紀のワープ速度は光の速度×ワープ係数の3乗で表す

image
角丸 image

【概要】

 エクセルシオール級(エクセルシオ級)は2285年、ネームシップのU.S.S.エクセルシオール NX-2000の完成から運用が開始される。

 本級はコンスティテューション級の後継艦という他に、トランスワープ実験艦として大きな役割を担った。
 しかし、トランスワープドライブは、モンゴメリー・スコット中佐のごく単純な破壊工作(例えるならば精密機械からネジを2、3本抜き取るくらいの単純な工作)によっていとも簡単に作動不可能に陥ることが判明(『スター・トレックIIIミスター・スポックを探せ!』)。その構造の複雑さに比して極めて単純な破壊工作で無力化されてしまうトランスワープドライブは保安面から考慮すれば極めて重大な欠陥であり、すぐに改良が試みられたが、2290年には既に通常のワープエンジンに換装されたU.S.S.エクセルシオール(『スター・トレックVI未知の世界』)が制式化されており、エクセルシオール級におけるトランスワープドライブの本格運用は断念したようである。

 しかしながら、トランスワープ実験艦として堅牢さを重視した同級の設計は信頼性も高く、最終的には連邦史上最も量産された主力級宇宙艦となった。さらに驚異的なのはその運用年数で、運用開始から70年以上経過した2360年代でも現役であり、その間にアンバサダー級や、ギャラクシー級と本級の後継艦となるクラスが開発されたが、本級の完全な置き換えには至らず、稼働隻数などを考えると、いまだに主力といえるクラスである。

艦のデザインの特徴

 艦のデザインとしては、第一船体第二船体を繋ぐドーサルネックがコンスティテューション級よりかなり太いものになっており、ワープナセルと船体を繋ぐパイロンは屈曲させることで横方向からの攻撃にさらされる危険性を小さくするなど、コンスティテューション級が抱えていた船体構造上の弱点をある程度改善することに成功している。

改良型エクセルシオール級

 改良型エクセルシオール級(以下エクセルシオール(改))は第二船体にバルジ(*)の追加と、第一船体に大型のインパルスドライブを二基追加、さらに改良されたワープナセルを搭載した形で改設計され、2293年に就役したU.S.S.エンタープライズ NCC-1701Bで初めて運用が開始された。エクセルシオール(改)は特に制式名は与えられずエクセルシオール級のヴァリエーションとして理解されているが、仮にエクセルシオール(改)を独立したクラスと考えるならば、一番艦がエンタープライズBであるため、エンタープライズ級と言えるかもしれない。
 このエクセルシオール(改)は従来のエクセルシオール級の不満を解消したが、すでに艦隊は従来型で満足したのかあまり量産はされなかった。

*バルジ…防御力増強などのために設けられた船体の出っ張り

【編者補足】

 エクセルシオール級はILMのビル・ジョージによってデザインされました。
 第二船体の形状がスリッパをひっくり返したような形状であるため、そのまま「スリッパ」と揶揄されることもありますが、コンスティテューション級にはないスマートさに魅力を感じるファンも多いようです。かく言う編者も実を言うと連邦宇宙艦の中でもコンスティテューション級と並んでもっとも好きなデザインの宇宙艦です。
 『新スター・トレック』が『宇宙大作戦』から約100年後の世界を描いたため、TOS劇場版のものを流用した形になるエクセルシオール級はミランダ級と並び非常に長命なクラスになっています。
 なお、「Excelsior」の読みは原語では「エクセルシオ」の方が近く、最近発売されたリマスター版などの吹き替えでも「エクセルシオ」に改められていますが、当初の吹き替えでは「エクセルシオール」と呼ばれていたため、こちらの読みを採用しています。


目次にもどる

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars