lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
トップページDATASERIES>スター・トレック:エンタープライズ(ENT)
ENT

スター・トレック:エンタープライズ(ENT)

放映時期 2001年~2005年
(米国)
物語中の年代 2151年~2154・2161年
出演 スコット・バクラ
Scott Bakula
ジョーレン・ブラロク
Jolene Blalock
コナー・トリニアー
Connor Trineer
ドミニク・キーティング
Dominic Keating

【DVD/Blue-ray】

STAR TREK:ENTERPRISE スター・トレック:エンタープライズ(ENT)

『スター・トレック:エンタープライズ』略称ENTはオリジナルの『宇宙大作戦(以下TOS)』以前の世界を描いた作品。惑星連邦成立以前、初めて深宇宙探査に乗り出した地球連合所属の宇宙船NX-01エンタープライズ号の活躍を描いています。
 これまでのシリーズ展開で膨大な設定や歴史を築きあげた『スター・トレック』シリーズは、深い世界観を生み出す一方で、シリーズをまだ見たことがない人たちにとっては高い敷居を感じさせるものになっていました。『エンタープライズ』は、一旦、そうしたものをリセットするという目的もあり、TOSよりも百年も前の世界が舞台になっています。

 オリジナル以前の物語を展開することで一旦仕切り直しすることになったENTですが、決まった未来へ漫然と進むことを嫌ったためか、途中、未知の宇宙人であるズィンディの登場や「時間冷戦」という歴史改変をテーマにしたストーリーを挟むなどの試みが図られました。が、それらのテコ入れが効果的に作用したとは言い難く(特に歴史改変などはいたずらに話をややこしくした感がある)、視聴率は低迷を続け、結局、ロミュラン戦争の予感までを描いたところで放送打ち切り。
 1987年の『新スター・トレック』以来、約18年間途切れなく放送されてきた『スター・トレック』シリーズは本作をもっていったん途切れることになりました。

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


人類初の深宇宙飛行へ

クラホマに墜落した未知の宇宙船から出てきたのは、同じく未知の浅黒く特徴的な頭蓋をもった毛深い宇宙人だった。ファーストコンタクトを果たした農夫は、その姿に驚き発砲して負傷させてしまう。
 これこそが地球人とクリンゴン人のファーストコンタクトだった。2151年のことである。本来ならこのファーストコンタクトは失敗であった。しかし、地球連合政府はこの失敗が地球人の本格的宇宙進出のきっかけになると考えた。すなわち、このクリンゴン人を送り返すという名目で、同盟国・バルカンが制限し続けた深宇宙飛行への道を開いたのである(シーズン1、1話「夢への旅立ち(前編)」)

 この深宇宙飛行には初のワープ5エンジンを搭載したNX-01エンタープライズを使用することが決定し、船長にはジョナサン・アーチャー大佐が選ばれた。

 地球発の深宇宙飛行のクルーに選ばれた士官は、若いが腕前は確かなエンジニアチャールズ・タッカー機関部長、優れた戦術士官だがどこか不器用なマルコム・リード、言語学のエキスパートで通信士官のホシ・サトウ、明るい気さくな異星人のドクター・フロックス、そして、バルカンから派遣された副司令官のトゥポルといった面々だった。

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


謎の球体の地球襲撃

宇宙での任務についていたエンタープライズ号だったが、地球が未知の球体兵器の攻撃を受けたことにより緊急帰還命令が下された。その正体はアルファ宇宙域の難航宙域デルフィック領域に住むズィンディという種族が放った探索機だった。
 この地球攻撃でタッカー少佐の妹を含む700万人が犠牲になり、艦隊司令部はエンタープライズをデルフィック領域に派遣することを決定する(シーズン2、52話「帰還なき旅」)
 ズィンディ―――本来この時代、地球と接触するはずはなかった未知の種族。出会うはずのない二つの勢力の激突を演出したのは時間改変をもくろむ未来人たちだった。
 エンタープライズ号はズィンディという強敵に加え、時間冷戦にも巻き込まれることとなる。

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


ズィンディとの対決と時間冷戦

ィンディの地球破壊を目的とした球体兵器の存在を察知したエンタープライズは攻撃を阻止するべく、ズィンディの本拠、奥深くまで侵入する。一方、エンタープライズと接触して、ズィンディ内では強硬派と穏健派の対立が生じていた。
 ズィンディ穏健派であるヒト族のデグラらの協力で球体兵器の稼働阻止が図られたが、この試みは失敗した。アーチャーらは決死の覚悟で球体兵器に乗り込み、すんでのところで破壊に成功して地球破壊を阻止した(シーズン3、76話「最終決戦」)
 一方の時間冷戦は、球体破壊の際、爆発に巻き込まれたアーチャーが20世紀にまで飛ばされるなどしたが、結局、アーチャーらの働きでで歴史改変は最低限にとどめられた(シーズン4、77,78話「時間冷戦(前編/後編)」)

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


ロミュランの予感

年に渡って対立してきたテラライトとアンドリアに和平の機会が訪れた。しかし、その試みはテラライト船が、アーチャー船長と親交が深く球体兵器の地球攻撃阻止にも協力したシュラン艦長のアンドリア戦艦クマリ号を攻撃、撃沈したことで瓦壊するかと思われた。しかし、アーチャーはテラライトとアンドリアを争わせようとする勢力が裏で動いていることに気づき、この危機に対抗すべく両勢力に加え、地球、バルカンの同盟を強く呼び掛ける。
 テラライトとアンドリアの対立を扇動していたのはベータ宇宙域の大国ロミュラン星間帝国だった。彼らはアルファ宇宙域の勢力を割拠状態にすることでより侵攻しやすくするべく陰謀をめぐらせていたが、それは後の惑星連邦成立の呼び水となった(シーズン4、88話「バベル1号星」~90話「氷窟の民」)

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


注目のエピソード

話数上の(Se数字)はシーズン。この表記以降、新たな(Se数字)が出るまではそのシーズンの物語であることを示します。

角丸 image 話数 タイトル(原題) 見どころ image 角丸
image
(Se1)
001
002
「夢への旅立ち
(前編/後編)」
(Broken Bow, PartI/II)
2151年、地球史上初のワープ5宇宙船エンタープライズNX-01が完成した。ジョナサン・アーチャー大佐率いるエンタープライズ号の初任務はファーストコンタクトしたばかりのクリンゴン人をクリンゴン母星のクロノスに送り届けること。バルカン政府は人類の単独深宇宙航海に難色を示したが、地球連合政府は計画を強行し、バルカン政府は計画を認める代わりにバルカン人士官トゥポルを事実上の監視役として派遣した。
しかしクロノスへ向かう途中、スリバンという未知の種族の女性サリンに出会い、アーチャーたちは大きな陰謀に巻き込まれていると聞かされる。
image
005
「予期せぬ侵入者」
(Unexpected)
ジリリアンという種族に出会ったエンタープライズ号。ジリリアンの船はエンジントラブルを抱えていたため機関部長のチャールズ・タッカー少佐(トリップ)が派遣された。トリップはそこでアーレンという女性に出会い交流するが、彼らと別れて後、トリップの体に驚くべき変化が現れた。
011
「時をみつめる男」
(Cold Front)
恒星のフレアを神聖な現象として崇める巡礼者の一団と出会ったアーチャー船長は、巡礼者をエンタープライズ号に招いた。しかしその巡礼者の中にワープエンジンに細工を仕掛けたものがいた。一方、コックのダニエルスがアーチャーに大事な話があるという。ダニエルスの話によれば巡礼者の中にかつて戦ったスリバン人のシリックという男が紛れ込み、ワープエンジンに細工をしてエンタープライズを救ったという。しかしダニエルスの任務はそのシリックを逮捕することで、ダニエルスは宇宙艦隊の人間ではないとも言う。
この時アーチャーは“時間冷戦”という得体のしれない戦いに巻き込まれていることを知った。
015
「恩讐を越えて」
(Shadows of P'jem)
(名前は出てきていないが)アンドリア人のシレック・シュランが初登場。
016
「引き裂かれたクルー」
(Shuttlepod One)
チャールズ・タッカー少佐(トリップ)とマルコム・リード大尉はシャトル任務から帰還したが、ランデブーポイントにエンタープライズ号の姿はなかった。陽気なトリップとシニカルなリードの正反対の性格のコンビは衝突し合いながらもエンタープライズ号を探す。
(Se2)
019
「獲物たちの罠」
(Acquisition)
おかしい…なぜ無毛で耳が大きくて歯並びの悪い謎の異星人がエンタープライズ号に…
022
「漂流生命体の叫び」
(Vox Sala)
クリタサンとのファーストコンタクトを果たしたエンタープライズ号だったが、何故かクリタサンは会食の席で怒り出してしまった。一方、船内の貨物室では、クルーが謎の生命体に囚われていた。
026
(Se2)
027
「暗黒からの衝撃波
(前編/後編)」
(Shockwave, PartI/II)
パラーガ人のコロニーに立ち寄ろうとしたエンタープライズ号だったが、大規模な爆発でコロニーは全滅してしまった。バルカン政府はこの事故を好機とばかりに地球連合の深宇宙探査の差し止めを要求してきた。消沈するアーチャーの前にダニエルスが現れ、事故は歴史を改変するために仕組まれたことだと明かし、ダニエルスはそれに対抗するためにアーチャーに貴重な情報を渡す。
しかし、その行動は31世紀に信じられないような影響を与えていた。
image
(Se2)
028
「スプートニクの飛んだ夜に」
(Carbon Creek)
トゥポルが着任して一年を記念してアーチャー船長、タッカー少佐(トリップ)、トゥポルの三名でささやかな祝宴が開かれた。ふとした話の中で、地球人とバルカン人のファーストコンタクトの話が出たが、ファーストコンタクトは「2063年4月5日、モンタナ州のボズマンで」というトリップ達に対し、トゥポルはそれよりもっと前にファーストコンタクトを果たしていると言う。しかも地球人とファーストコンタクトを果たした人物は彼女の曾祖母であるという。
041
「戦場の絆」
(Cease Fire)
バルカンとアンドリアの国境紛争の仲介役を依頼されたアーチャー船長。しかし、交渉の場に赴く途中バルカンのソヴァル大使が撃たれ、アーチャーらは停戦を望まない者たちからの追撃にさらされることになってしまった。
046
「兄弟の地平」
(Horizon)
エンタープライズ号のメインパイロット、トラヴィス・メイウェザー少尉が、近くを航行しているホライゾン号によっていいかとアーチャー船長に申し出た。ホライゾン号はメイウェザーが生まれ育った船で、父はホライゾン号の船長だった。その父が体調を崩したという知らせを受けてメイウェザーは心配していたのだ。アーチャーの許可を得たメイウェザーはホライゾン号へ行くが、そこに待っていたのは父の死と、父の跡を継ぎ新たな船長になった弟ポールの姿だった。
048
「第3の性」
(Cogenitor)
ヴィシア人とファーストコンタクトしたエンタープライズ号はお互いに友好的な技術的、文化的な交流を進めることに成功していた。しかし、タッカー少佐(トリップ)はある人物に興味を持った。それは生殖のためだけに存在する共同親だった。子供を産むだけの道具にすぎない共同親には教育が一切施されず、自分の意志を伝えることもできない。そのことに義憤を覚えたトリップは密かに共同親に文字を教え始めるのだが…
049
「覚醒する恐怖」
(Regeneration)
おかしい…なぜ、22世紀の北極に半分機械じかけの生命体がいるのか…
052
「帰還なき旅」
(The Expanse)
謎の探査機が地球を4000キロに渡って焼き尽くした。700万人の命が奪われ、その中にはタッカー少佐(トリップ)の妹も含まれていた。 一体何者が攻撃したのかと憤慨するアーチャーにスリバン人が“ある人物”との会談を強要する。未来人を名乗る“ある人物”は地球を攻撃したのは難航宙域デルフィック領域に住む「ズィンディ」という種族であり、本来はこの時代に出会ってはならない種族であると明かした。
ズィンディとの戦いの幕開け。
(Se3)
062
「ライサリア砂漠幼虫」
(Similitude)
タッカー少佐(トリップ)がワープエンジンの事故によって神経に深刻なダメージを負ってしまう。治療のためにドクター・フロックスはライサリア砂漠幼虫の擬態特性を利用してクローンを作り、そのクローンから神経を移植しようと考えた。誕生したクローン「シム」は急速に成長し数日後にはトリップと同じ年齢にまで達していた。しかし、トリップを救うのに必要な神経を摘出するとシムの肉体はそれに耐える事ができないことが判明する。
063
「デトロイト2004」
(Carpenter Street)
2004年の地球ににズィンディの反応を検知したダニエルスは、ズィンディの計画を阻止するためアーチャーとトゥポルを2004年のデトロイトに送りこんだ。
065
「アンドリア人の協力」
(Proving Ground)
アンドリア帝国のシュラン司令官はエンタープライズを追いかけ、苦境に立たされていエンタープライズに同盟を持ちかけた。しかしシュランはある密命を帯びてデルフィック領域へやってきていた。
068
フロックス船長の孤独
(Doctor'S Orders)
人間の脳に損傷を与える宙域に進入したエンタープライズは、クルーを昏睡状態に陥らせることでこの場を凌ごうとした。そのため耐性があるデノビュラ人のドクター・フロックスがエンタープライズ号の指揮をとる事になったが、徐々にフロックスも幻覚に襲われる様になる…
072
「エンタープライズ2」
(E²)
ズィンディとの和平を模索するため、穏健派のデグラとランデブーしようしていたアーチャーたちだったが、ズィンディの強硬派である爬虫類族の追撃を受けていた。いち早くデグラの元へ向かうため亜空間トンネルを利用しようとしたエンタープライズ号の目の前にエンタープライズ号が現れた。もう一つのエンタープライズ号に搭乗していたのはアーチャーたちではなくロリアンと名乗るバルカン人らしい男に率いられた見知らぬ人達だった。
074
075
076
「評議会の分裂」
(The Council)
「地球攻撃10時間前」
(Countdown)
「最終決戦」
(Zero Hour)
ズィンディの評議会に出席し、地球とズィンディの戦いが彼らが崇める守護者=球体創造者が仕組んだものだと訴えたアーチャーだったが、強硬派の爬虫類族は地球を破壊する球体兵器を起動した。地球へ向かった兵器を追撃するアーチャーはシュランの協力を得て兵器内部に潜入。内部からの破壊を試みるが、アーチャーは兵器破壊の際の大爆発に巻き込まれてしまった。
(Se4)
077
078
「時間冷戦
(前編/後編)」
(Strom Front, PartI/II)
爆発に巻き込まれたアーチャーは自分たちのたどってきた歴史とは違う20世紀に飛ばされてしまう。その世界はナチスドイツが勝利しアメリカを占領している世界だった。この世界のナチスドイツはある異星人の協力を得ていた。
080
081
082
「ボーダーランド」
(Borderland)
「コールド・ステーション」
(Cold Station12)
「野望の果て」
(The Augments)
クリンゴン船が地球人に襲われた。その地球人は優生人類。20世紀末に抹消されたはずの存在だった。彼らを育てたエリック・スン博士と面談したアーチャーだが、博士はのらりくらりとかわして真実を語らない。そうこうしているうちにスン博士は優生人類達によって脱走した。逃走する中、優生人類のマリックは追撃をかわすために凶悪な生物兵器を使いクリンゴンと地球の戦争を誘発しようと画策しはじめた。優生人類の凶暴性を実証するようなマネをするなとスンはマリックを止めようとするが…
083
084
085
「狙われた地球大使館」
(The Forge)
「陰謀の嵐」
(Awakening)
「バルカンの夜明け」
(Kir'Shara)
バルカン星地球大使館が爆破される事件が起こった。バルカンの政権を握っていたヴラス率いる最高司令部は爆破の犯人は反政府組織のシラナイトであると断定した。調査に赴いたアーチャーとトゥポルは、シラナイトと接触し意外な真実を知る。さらに調査を進めたアーチャー達は一連の事件の黒幕はヴラス政権であることを突き止めた。
088
089
090
「バベル1号星」
(Babel One)
「ロミュランの陰謀」
(United)
「氷窟の民」
(The Aener)
対立していたアンドリアとテラライトが和平交渉に入ることになった。しかし、シュランの戦艦クマリがテラライト艦に襲われて撃破されてしまった。憤慨したシュランはテラライトを糾弾しようとするが、テラライト艦もアンドリア艦に攻撃されたという情報が舞い込んできた。あまりに出来過ぎた話にアーチャーは何者かの工作を疑う。アーチャーの予想通り一連の事件はまだ見ぬ大国ロミュラン帝国が仕組んだことだった。
094
095
「暗黒の地球帝国
(前編/後編)」
(In The Mirror Darkly, PartI/II)
バルカン人とファーストコンタクトを行ったゼフラム・コクレーンは、握手を求めなかった。彼が求めたのは異星人が持つ未知の技術だった。コクレーンが差し出した手には銃が握られ、次の瞬間バルカン人は流血と共に地面に崩れ落ちた。本来、地球人と異星人の友好の始まりであった日が血塗られた地球帝国成立の日に変わった瞬間である―――
平行世界に成立した地球帝国の宇宙戦艦エンタープライズ号はあるものを発見する。それは見たこともないが地球製らしい宇宙船だった。調査したエンタープライズ号のアーチャー“副長”はそれが100年後の世界の船「U.S.S.ディファイアント」だと知る。強力な宇宙艦を手に入れたアーチャーはこの武力を利用して地球帝国の覇権を握ろうとするが…
096
097
「テラ・プライム
(前編/後編)」
(Demons/Terra Prime)
歴史的な星間同盟が結ばれようという最中、トゥポルは様子がおかしい女から髪の毛を渡される。解析した結果、その髪の毛は赤ん坊―それもタッカー少佐(トリップ)とトゥポルの子だと判明した。身に覚えのない子供の存在にトゥポルらは困惑するが、その子供の誕生には異星人との同盟に反対するテラ・プライムの過激派が関わっていることが分かった。
098
「最後のフロンティア」
(These Are The Voyages...)
エンタープライズ最終話…だが、何故かそこには200年未来のエンタープライズ号の副長ライカーの姿が…?
image image
角丸 image image 角丸

人類初の深宇宙飛行へ謎の球体の地球襲撃ズィンディとの対決と時間冷戦ロミュランの予感注目のエピソード


目次へ戻る

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars