lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
トップページDATASERIES>スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン(DS9)
DS9

スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン(DS9)

放映時期 1993年~1999年
(米国)
物語中の年代 2369年~2375年
出演 エイブリー・ブルックス
Avery Brooks
ナナ・ビジター
Nana Visitor
テリー・ファレル
Terry Farrell
レネ・オーバジョノアー
Rene Auberjonois

【DVD/Blue-ray】

STAR TREK:DEEP SPACE NINE スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン

『スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン』略称DS9(Deep Space 9)は『新スター・トレック』(TNG)とほぼ同時期の深宇宙ステーション「ディープ・スペース・ナイン」の艦隊士官とベイジョー士官たちの活躍を描いたTVシリーズです。1993年から1999年の6年間にわたって放送されました。
 当初は軍事国家カーデシア連合とその支配下にあったベイジョーの復興、それに乗じてベイジョーの主権を握らんとする一部のベイジョー権力者たちの暗躍を中心とした政治色の強いストーリーを展開していましたが、シリーズ後半ではガンマ宇宙域の大勢力「ドミニオン」と、惑星連邦クリンゴンロミュランのアルファ・ベータ宇宙域主要勢力の連合との一大決戦が中心に描かれた壮大なスペースオペラに発展しました。

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官に

2367年の惑星連邦とボーグとの一大決戦であったウルフ359の戦いでの数少ない生き残り、ベンジャミン・シスコ中佐は最愛の妻、ジェニファーを失い、失意のうちに宇宙艦勤務から離れ、ユートピア・プラニシア造船所に勤務していた。
 しかし、彼のもとに一つの命令が届く。それはかつてカーデシア連合に支配され、2369年にようやく解放されたベイジョーに存在する宇宙ステーション「ディープ・スペース9」の司令官への着任だった。
 シスコにとって宇宙は妻を失った場所でしかなく、嫌悪や恐怖のようなマイナスの感情しか抱くことができなかった。故に、彼は着任したものの、すぐに職を辞そうと考えていた。だが、ディープ・スペース9の近傍に現れたガンマ宇宙域へとつながるワームホール、そしてそこで出会ったエネルギー生命体―――ベイジョーでは“預言者”と呼ばれる信仰の対象―――との接触によって、彼はこの任務を全うすることを決意した(シーズン1、1,2話「聖なる神殿の謎(前編/後編)」)

 シスコとともにディープ・スペース9に勤務することになった人々は、勇敢だが良くも悪くも直情的なベイジョー軍のキラ・ネリス少佐、シスコの古い友人で、気さくな老人“だった”、美貌の艦隊士官ジャッジア・ダックス、お調子者のドクタージュリアン・ベシア、自身の体を自由に変化させることができる保安チーフオドーらのユニークな面々。
 さらに、商売第一のトラブルメイカー、フェレンギ人クワークらも交え、ディープ・スペース9は激動の物語の舞台となる。

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


DS9とワームホール

立間もないベイジョーは、強力なカーデシア軍からの独立を維持するために惑星連邦の支援を要請し、ディープ・スペース9は宇宙艦隊の基地となった。カーデシア連合惑星連邦とは表向きは講和を結んでいたものの、互いに不信感をぬぐえない微妙な関係。それだけに基地司令官のシスコにかかる軍事的・政治的な責任は当初から大きなものだった。
 さらに、未知の銀河、ガンマ宇宙域に繋がるワームホールの出現は、ディープ・スペース9を辺境の一ステーションから連邦を含むアルファ・ベータ宇宙域の勢力にとって要衝と呼ぶべき重要拠点へと押し上げた。このため、シスコに負わされた責務はベイジョーとカーデシアとの折衝に加え、未知の領域からやってくるであろう様々なエイリアンとの交流の玄関口の運営と、より重いものになっていく。

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


ガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”

知の領域、ガンマ宇宙域。その様子が明らかになるにつれ、ある巨大勢力の存在が分かってきた。その名はドミニオン。その存在は当初シスコや連邦が想定していた以上の脅威的なものであった。

 ドミニオンは「創設者」という謎の種族に支配され、戦力にはジェムハダーという強力な戦闘民族を保有していた。彼らの存在が徐々に明るみに出るにつれ、惑星連邦とドミニオンは互いの存在を脅威とみなし、ディープ・スペース9にも暗い戦雲が立ち込めつつあった(シーズン3、47,48話「ドミニオンの野望(前編/後編)」)

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”

374年、ドミニオンとの対立は、後にドミニオン戦争と呼ばれる戦争に発展した。
 流動体生物という自由に自身の姿を変えられる種族であるドミニオンの創設者は惑星連邦の大使になりすましてクリンゴン帝国と連邦の関係に混乱をもたらした(シーズン3、72話「忍び寄る可変種の脅威」シーズン4、73,74話「クリンゴンの暴挙(前編/後編)」)
 そんな中、カーデシア連合はドミニオンへの侵攻の失敗とクリンゴンの侵略などで衰えた勢力の挽回をはかってドミニオン陣営につき、さらに戦闘民族ブリーンもドミニオン側につくなど連邦を取り巻く状況はより厳しいものになった。連邦はこれに対抗するべく、同盟国クリンゴンに加え、敵対していたロミュラン星間帝国とも共同戦線をはり、ドミニオン戦争はより複雑な戦況へと移り変わっていく。

 しかし、混沌としたドミニオン戦争のさなか、シスコはドミニオン以外にもう一つの脅威を察知する。それはワームホールの預言者によって封印された悪のエネルギー生命体パー・レイスだった(シーズン3、72話「忍び寄る可変種の脅威」シーズン6、145話「善と悪の叫び」)

 こう着する戦況と、パー・レイスの脅威。続々と噴出する問題を乗り越えると同時に、シスコはこの叙事詩において自分が果たすべき役割について徐々にその自覚を強めていく…

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


注目のエピソード

話数上の(Se数字)はシーズン。この表記以降、新たな(Se数字)が出るまではそのシーズンの物語であることを示します。

角丸 image 話数 タイトル(原題) 見どころ image 角丸
image
(Se1)
001
002
「聖なる神殿の謎
(前編/後編)」
(Emissary,PartI/II)
DS9の幕開け。ピカード艦長も登場。
image
011
「宇宙商人フェレンギ人」
(The Negus)
フェレンギの指導者、グランドネーガス・ゼクが初登場
019
「謎のカーデシア人」
(Duet)
かつてベイジョー人を虐待していたガル・ダーヒールと思われる人物がDS9にやってきたが、彼には意外な正体が…
(Se2)
021
022
023
「帰ってきた英雄(パート1~3)」
(The Homecoming
/The Circle
/The siege)
ベイジョーレジスタンスのリーダー、リー・ナラスがカーデシアの捕虜収容所から救出されたが、いつの間にか英雄として崇められる事になったことにリーは戸惑う。一方、ベイジョー星では過激な国粋主義者集団「サークル」がクーデターを起こそうと蠢動していた。
038
「クワークの愛」
(Profit and Loss)
クワークの元恋人が登場。カーデシア人の彼女を救うためにクワークは儲けを捨て戦う!
040
041
「戦争回避(前篇/後編)」
(The Maquis, PartI/II)
反カーデシアゲリラ“マキ”の初登場エピソード。
044
「密告者」
(The Collaborator)
ベイジョー宗教界の頂点“カイ”の地位を争うウィンとバライルの対立の最中、バライルの秘密が明かされる。
046
「新たなる脅威」
(The Jem'Hadar)
ガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”と本格的な衝突がはじまるエピソード。
(Se3)
047
048
「ドミニオンの野望
(前編/後編)」
(The Search, PartI/II)
謎に包まれたドミニオンの“創設者”とは一体何者なのか?オドーはガンマ宇宙域のオマリオン星雲へ向かう。 一方、DS9では宇宙艦隊司令部からベイジョーとワームホールをドミニオンに引き渡す命令が届いていた…
049
「クワークの結婚」
(The House of Quark)
ひょんなことからクリンゴンの女性グルリカと結婚する羽目になったクワーク。しかし、グルリカの周りには彼女の財産を狙う姑息な兄弟がいた。グルリカを援助すべく、クワークは商売で鍛えた頭脳でクリンゴンの圧倒的な腕力に立ち向かう。
057
058
「2024年暴動の夜
(前編/後編)」
(Past Tense, PartI/II)
転送機のトラブルでタイムスリップしたシスコ達は2024年に起こった差別政策に対する反抗事件「ベル暴動」に巻き込まれる。 騒動の中心人物であったベルがシスコをかばって死に、シスコは歴史を修正するためベルに成り代わって過去の暴動を再現することを決意する。
057
058
「姿なき連合艦隊
(前編/後編)」
(Improbable Case/The Die is Cast)
ロミュラン帝国の秘密警察タル・シアーとカーデシアの秘密警察にして政権の一翼を担ったオブシディアン・オーダーが連合してドミニオンの本拠地、オマリオン星雲を急襲した。しかし、その作戦はドミニオンに見ぬかれていた。
カーデシアのクーデターのきっかけとなる事件を描いたエピソード。
069
「クワークの母」
(Family Business)
クワーク・ロム兄弟の強き母・イシュカが登場。
(Se4)
073
074
「クリンゴンの暴挙
(前編/後編)」
(The Way of Warrior, PartI/II)
カーデシアのクーデターにつけ入り、カーデシア侵攻を目論んだクリンゴンの最高指導者ガウロン総裁は、猛将マートク将軍を侵略軍の司令官としてDS9に大艦隊を集結させた。クリンゴン帝国はさらに惑星連邦との同盟条約であるキトマー条約を破棄しカーデシア侵攻を開始。
しかし、強引なクリンゴンの侵攻計画の裏にはドミニオンの思惑があった…
075
「父と子」
(The Visitor)
ワープコアの事故でベンジャミン・シスコ司令官が時空の狭間に引きこまれ行方不明になって数十年が過ぎ、息子・ジェイクはすでに老人になっていた。ジェイクのもとに訪れた若い女性に、ジェイクはこれまで自身が父を次元の狭間から救おうとしたことを語り始めた。
オススメ!
077
「デュカットの娘」
(Indiscretion)
カーデシア将校のガル・デュカットは犬猿の仲であるキラ・ネリスDS9副司令官とともに、行方不明になったベイジョー船の調査に向かう。デュカットには折り合いの悪いキラと同行してでも確かめなければならないことがあった。
081
「カーレスの剣」
(The Sword of Kahless)
クリンゴン内戦で失脚したトラルが復権を目論んで、クリンゴンの英雄王カーレスの剣をつけ狙う。同時にクリンゴンの誇りのために剣を探求しにきたDS9の戦術士官ウォーフらも巻き込み、剣を巡って一大争奪戦がはじまった。
083
084
「地球戒厳令
(前編/後編)」
(Home Front/Paradise Lost)
可変種が地球へ侵入したという情報をつかんだシスコらは地球へ向かう。そんな中、地球は惑星全体が謎のパワーダウン状態に陥る。その時、艦隊の幹部であるレイトン提督は、艦隊アカデミーのエリート集団・レッドスクワッドを使って策謀をめぐらしていた。
083
(Se5)
084
「可変種の脅威 第二幕
(前編/後編)」
(Broken Link/Apocalypse Rising)
病に倒れたオドーを救うため、シスコらは危険を承知でオドーをドミニオンの本拠地である創設者のもとへ連れて行く。オドーはかつて同胞を殺した罪を問われ、変身能力を奪われた。一方、クリンゴン帝国のガウロン総裁が可変種の工作員であるという情報をつかんだシスコ達は帝国に乗り込むが…
107
「あの頂を目指せ」
(The Ascent)
クワークがオリオンシンジケートと繋がりがあることを突き止めたオドーは、クワークを起訴するため連邦大審院に連行しようとする。 しかし、シンジケートの罠でシャトルは大破して不時着、過酷なLクラス惑星で救助を求める羽目に陥ってしまう。救難信号を送るも分厚い大気に阻まれうまくいかない。少しでも大気の薄い高山の山頂に移動しない限り信号を送る手段はなかった。
普段は対立している二人も助かるために協力して、山の頂を目指すのであった。
103
「伝説の時空へ」
(The Begetton)
クリンゴンの元スパイ、アーン・ダービンはある男の暗殺のために100年前へとタイムスリップした。その男とはかつて自分をスパイと見抜き、クリンゴン人として屈辱的な虜囚の身にたたき落としたエンタープライズ号艦長ジェイムズ・T・カークであった。
シスコらは100年前のエンタープライズ号に潜り込み、ダービンの企みを未然に防ごうと奮闘する。
110
「幼き命」
(The Begetton)
クワークが偶然手に入れた可変種の赤ん坊をオドーが引き取った。しかし、かつて自分を実験台として扱ったモーラ博士がやってきて一緒に赤ん坊の成長を見るという。オドーは反発しながらもモーラ博士が単なる実験台として見ていたわけではないことを知る。しかし、赤ん坊に明らかな異変が起こり、その命が消えようとしていた。
124
「DS9撤退の日」
(Call to Arms)
ドミニオンの大艦隊がDS9に殺到し、シスコ司令官は必死の防戦を試みるが、衆寡敵せず、DS9からの撤退を決断した。
ドミニオン戦争の本格的なはじまり。
(Se6)
129
130
「ディープスペース・ナイン奪還作戦
(前編/後編)」
(Favor the Bold/Sacrifice of Angels)
ドミニオンの増援軍がアルファ宇宙域に侵入すると知った宇宙艦隊はDS9奪還作戦を発動する。しかし、DS9に残りレジスタンス活動を行なっていたキラらとの連携がうまく行かず作戦は難航する。シスコはワームホールに突入し、預言者に助けを求めた。
一方、レジスタンスの反攻でDS9内部は大混戦になった。司令官のデュカットは脱出をはかるが、そのさなか、最愛の娘でレジスタンスに参加していたジヤルが側近のダマールによって殺されてしまう。衝撃のあまり動けなくなったデュカットはそのまま連邦に捕らえられた。
131
「花嫁の試練」
(You are Cordially Invited)
ウォーフとの結婚を決意したジャッジアだったが、姑となるマートクの妻・シレラがジャッジアに難癖をつけ始めた。ジャッジアも反抗し、結婚式は中止に、ウォーフとジャッジアは無事に結ばれるのだろうか?
150
「決意の代償」
(Tears of the Prophets)
ドミニオンの勢力圏となったカーデシア領チントカ星系に惑星連邦、クリンゴン帝国、ロミュラン帝国の連合艦隊が侵攻した。後に第一次チントカ星系の戦いと呼ばれる戦闘は苦闘の末、連邦側の勝利に終わる。しかし、勝利もつかの間、邪悪な生命体、パー・レイスに操られたデュカットはワームホールの破壊を目論み、その中で、たまたま居合わせたジャッジアを殺害した。
ドミニオン戦争の転換点とレギュラーキャラ、ジャッジアが死亡するエピソード。
(Se7)
151
「砂漠からの呼び声」
(Image in the Sand)
休職したシスコは地球の実家に戻っていた。しかし、そこで彼は実の母に関するイメージを預言者から提示され、自身と預言者との間に深いつながりがあることに気づきだす。そのことを確かめるために、シスコは砂漠の星、タイリー向かう。
154
「がんばれ、ナイナーズ!」
(The Me Out to the Holosuite)
アカデミー時代のライバルのバルカン人、ソロック艦長がDS9に立ち寄り、話の流れで野球で対決することになる。シスコはメンバーを集めるが21世紀に廃れてしまった野球を知るものは少なく、まったくの素人の集まりだった。対するバルカン人チームは人間の三倍の身体能力を持つ強力チーム。急ごしらえのナイナーズは予想通り大苦戦だが…
オススメ!
165
「アドリブ作戦でいこう!」
(Badda Bing Badda Bang)
自分の意志を持つ特殊なホロプログラムでDS9スタッフたちの良き相談相手だったヴィックの店がギャングに乗っ取られようとしていた。シスコらはあくまでもホロプログラムの範囲内で事件を解決しようと、ホログラムのギャングたち相手に現金強奪作戦を実行する。
オススメ!
170
「変節の時」
(The Changing Face of Evil)
ドミニオン勢力に加担したアルファ宇宙域の戦闘民族ブリーンは突如として宇宙艦隊の本拠地、サンフランシスコを急襲、百数十年ぶりに地球が直接攻撃された。続いて起こった第2次チントカ星系の戦いにおいてもブリーンのエネルギー抑制兵器で宇宙艦隊は大敗北を喫した。
しかし、カーデシア軍の司令官、ダマールはこれまでの不満を爆発させ反旗を翻した。
175
176
「終りなきはじまり(前編/後編)」
(What You Leave Behind, PartI/II)
カーデシア軍の叛乱と惑星連邦の追撃、さらに最高指導者・創設者たちに蔓延する病の影響で、ドミニオン軍は司令部を置くカーデシア本星にまで追い詰められた。敗北を悟った創設者はついに全面降伏を受け入れた。
その一方で、デュカットに騙され、ベイジョー宗教界の最高指導者カイ・ウィンは邪悪な生命体、パー・レイスを復活させた。その動きに気付いたシスコはパー・レイスが封印された炎の洞窟へ向かう。そこにはパー・レイスに取り憑かれたデュカットが待ち受けていた。
ディープ・スペース・ナイン最終話。
image image
角丸 image image 角丸

ベンジャミン・シスコ中佐、DS9司令官にDS9とワームホールガンマ宇宙域の大勢力“ドミニオン”ドミニオン戦争と悪しき生命体“パー・レイス”注目のエピソード


目次へ戻る

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars