lcarsS.F.A.P.S.宇宙艦隊予備校
lcars
lcars lcars
チャン
チャン将軍

チャン

【略歴】

 チャン(Chang)。クリンゴン帝国の将軍
 2293年、惑星連邦との和平交渉を行うべく地球へ向かったゴルコン総裁に随伴した帝国の高官の一人。当時の立場は総裁の最側近という立場であった。キトマー条約を巡る陰謀では中心人物として暗躍した(スター・トレックVI 未知の世界)。

和平反対の強硬派シェイクスピアマニア編者補足


【和平反対の強硬派】

※以下では『スター・トレックVI 未知の世界』に関して若干のネタバレ要素を含んでいます。閲覧の際はご注意ください

 チャン将軍は総裁側近という立場上、ゴルコンの和平交渉に随伴したものの、実際は和平には否定的な考えを持っていた。交渉前のエンタープライズ号の高級士官との会食においてもカーク大佐に対して「戦いが無くなったら退屈ではないか?」といった主旨の発言をし、和平交渉に対して否定的な考えを持っていることを暗に示していた。

 結局、彼の不満はゴルコン総裁暗殺という形で噴出した。新型のバード・オブ・プレイによって遮蔽状態のままゴルコン総裁が座乗するクリンゴン戦艦“クロノス-1”を攻撃(この時チャン自身はクロノス-1に乗艦していた)、エンタープライズ号の攻撃に偽装したうえで、連邦側の反対派の暗殺者の侵入する隙を与え、ゴルコンを暗殺させた。

 その後、救助にやってきたジェイムズ・T・カーク大佐とレナード・マッコイ中佐を総裁暗殺の容疑で逮捕し、極寒の流刑惑星ルラペンテへ追放。一方で、アゼドバー後継総裁の復讐心を言葉巧みに煽り和平への道を幾度となく妨げようとしていた。
 最終的には和平交渉を決断したアゼドバーに対し、自ら新型バード・オブ・プレイを駆って交渉の会場であるキャンプ・キトマーへ急行。ルラペンテを脱出し、陰謀を打破せんとするカークらのエンタープライズ号を阻止するべく立ちふさがった。
 当初は優位に戦いを進めていたものの、エンタープライズ号に合流したスールー艦長エクセルシオール号の助力や、遮蔽装置を見破るスポックのアイデアによって新型バード・オブ・プレイは撃破され、チャン将軍も戦死した。

和平反対の強硬派シェイクスピアマニア編者補足


【シェイクスピアマニア】

 シェイクスピアマニアである。エンタープライズのクルーとの会食の際は「シェイクスピアはクリンゴン語で読まねば読んだことにならん」と語り、クリンゴン語でシェイクスピアの一節を得意げにそらんじてみせるなどした。
 キトマー上空でのエンタープライズ号との戦いでもその姿勢は変わらず、『ジュリアス・シーザー』の「俺は北極星のように不動だ!」「皆殺しの雄叫びをあげ、戦いの犬を野に放て!」等というセリフを引用して戦いを楽しんでいた。
 そんな彼が最後に引用したシェイクスピアの一節は『ハムレット』の「生くべきか、生かざるべきか…(to be, or not to be...)」だった。その直後、彼の座乗するバード・オブ・プレイは光子魚雷の直撃を受け爆散した。

和平反対の強硬派シェイクスピアマニア編者補足


【編者補足】

 チャン将軍は『スター・トレックVI 未知の世界』に登場したキャラクターで、その強烈な個性から、カーンほどではないものの人気のある敵役です。これでもか!というほどのシェイクスピアマニアぶりを発揮し、艦長席でクルクル回りながら「戦いの犬を野に放て!」とノリノリで叫ぶ姿はどこか憎めない感じ。彼は和平反対派というよりとりあえず戦いたい派だったのかもしれません。それだけに狂喜しながら戦いに興じるシーンは、面白いと同時にどこか危うい感じを覚えてしまいます。それこそシェイクスピアの悲喜劇に登場するキャラクターのような…

チャンを演じた俳優

クリストファー・プラマー(Christopher Plummer) (1929~)

【主な出演作品】

  • 『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)トラップ大佐役
  • 『マルコムX』(1992)
  • 『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)マンツ役※声の出演

和平反対の強硬派シェイクスピアマニア編者補足


50音索引に戻るアルファベット索引に戻る種族別索引に戻る登場作品別索引に戻る

S.F.A.P.S
lcarsサイトマップlcars